ライセンス・プログラム

Patent Licensing

特許は知識と技術の共有を促進します。特許権者は技術を公開して他者の技術的発展を促進する見返りに、一定の期間にわたって十分な報酬を得る権利を与えられます。主に市場から競合他社を排除する目的で特許を使う業界とは対照的に、通信業界では、特許は標準化とライセンス付与の形で業界の発展に積極的な役割を演じています。

エリクソンは、業界標準の実装に必須の特許のライセンスは、公正、合理的、無差別的な条件(FRAND条件)の元、相互主義に基づいて広く利用されるべきであり、またそれらの標準の開発に多大な投資をした企業には報酬が与えられるべきだと考えています。標準に必須の個々の特許に関するエリクソンのライセンス条件は、各特許権者が合理的な範囲で最大の累積実施料に基づき、標準の必須IPRの配分率に応じた割合を受け取る資格を持つとする、通信業界で一般的なFRAND解釈に準拠しています。これまでエリクソンは、必須特許ポートフォリオをFRAND条件に基づいて広く利用に供してきました。

エリクソンのFRANDライセンス・プログラムは2者間の交渉に基づくものです。この交渉では、必須特許に関するエリクソンの大規模なポートフォリオの中から詳細な分析(クレーム・チャート)をライセンス購入予定者に提示し、これに対してライセンス購入予定者はその必須性と有効性について異議があれば提示します。過去何度も行われているこのような交渉を通じて、エリクソンが持つGSMとWCDMAの特許ポートフォリオは、他社を寄せ付けない業界最強のポートフォリオとして広く認知されています。3G以降の標準でも状況は同じであるとエリクソンは確信しています。たとえば今後の標準となる3GPP LTE(Long Term Evolution)については、エリクソンが標準に必須のIPR全体の20~25%を握っていると予想しています。エリクソンは、市場に参入する各社が業界のルールに従い、また移動機については合理的な範囲で最大の累積実施料の水準は6~8%となると考えています。したがってエリクソンのLTEの公正実施料は、移動機については1.5%前後になると予想されます。

下記はエリクソンのライセンス・プログラムの一部です。

特許ライセンス

  • 3GPPコア・ネットワーク
  • 3GPP IMS (IP Multimedia Subsystem)
  • 3GPP GSM/GPRS GERAN
  • 3GPP GSM/GPRS MS
  • 3GPP LTE RAN
  • 3GPP LTE UE
  • 3GPP TD-SCDMA UE
  • 3GPP TD-SCDMA UTRAN
  • 3GPP WCDMA/HSPA UE
  • 3GPP WCDMA/HSPA UTRAN
  • 3GPP2 cdma2000
  • 3GPP/OMA MMS (Multimedia Messaging Service)
  • 3GPP/OMA WAP (Wireless Application Protocol)
  • 3GPP MBMS (Multimedia Broadcast Multicast Service)
  • OMA IMPS (Instant Messaging and Presence Service)
  • ETSI DVB-H (Digital Video Broadcasting - Handheld)
  • ETSI DECT (Digital Enhanced Cordless Telecommunications)
  • ETSI TETRA (Terrestrial Trunked Radio)
  • TIA IS-95
  • ITU H.323
  • ITU xDSL
  • ITU SDH/ANSI SONET (Synchronous Digital Hierarchy/Synchronous Optical Netw)
  • ISO JPEG 2000
  • IEEE 802.3 Ethernet
  • IEEE 802.11 - W-LAN
  • IEEE 802.16 - WiMAX
  • CCITT ATM (Asynchronous Transfer Mode)
  • AMRコーデック (Adaptive Multi-Rate)
  • 携帯電話測位およびLBS (Locations Based Services)
  • 課金
  • Bluetooth
  • ソフトスイッチ
  • VoIP
  • セキュリティ (3GPP AKAなど)
  • 企業向けソリューション
  • グラフィックスおよびマルチメディア
  • IN (Intelligent Networks)
  • アンテナおよびアンテナ近傍技術
  • MMIC (Monolithic Microwave Integrated Circuit)

技術ライセンス

参照設計

  • 移動体プラットフォーム
  • EriRoHC - IETF RFC3095準拠のロバストヘッダ圧縮 (Robust Header Compression) 統合ソリューション(3GPPと3GPP2の一部)
  • sRIO (serial Rapid/IO) マイクロTCAキャリア・ハブ設計
  • CDMA基地局などに適したHEMCT (High Efficiency Multi Carrier Transceiver) 設計
  • CDMAノード:PDSN (Packet Data Serving Node)(Linux)
  • DVB-H (Digital Video Broadcasting - H)
  • PA (Power Amplification) 設計、PA+ (GaAs PA設計)

インタフェース

  • 計測装置メーカー向けA-bisインタフェース
  • 計測装置メーカー向けIubインタフェース
  • 計測装置メーカー向けIMS Cxインタフェース

その他

  • Product Dashboard: 製品管理サポート・システム (ウェブ・アプリケーション)
  • シミュレータ: 明確な特性のIPトラフィック (音声、データ、SMS、MMSなど) を生成するSWモジュール
  • TrustTrade: 信頼できる者によるインターネット支払いソリューション

詳しい情報は下記にお問い合わせください。