Skip navigation
Like what you’re reading?

デジタルトランスフォーメーションでグローバル5Gオペレーターが目指す未来

次の言語でもお読みいただけます。 English 日本語

エリクソンはSoftBank World 2023に参加し、ソフトバンク株式会社専務執行役員 兼 CTO テクノロジーユニット統括の佃英幸氏と、シンガポールテレコム ネットワークス マネージングディレクターのタイ・ヨー・リャン 氏と、デジタルトランスフォーメーションでグローバル5Gオペレーターが目指す未について講演しました。エリクソンの講演内容についてご紹介します。

SoftBank World 2023

2030年の未来を想像してみてください

エリクソンのビジョンは、2030年には、無限の「つながり」が生活を豊かにし、ビジネスを革新し、持続可能な未来を開拓していく世界が現れるというものです。ここで意味する「つながり」は、ユビキタスで、高性能、耐久性があり、安全であり、同時に電力効率が良いもの、そして生活とは、何十億人もの人々をエリクソンが140年以上会社としてつなげている、そうした人々の生活です(デジタルデバイトを解消するには15から20億人ほどの人をつなげなければなりません)。またビジネスとは、何億ものDXを必要とする工場や企業です。クラウド、AIおよびIoTなどのテクノロジーによりDXの機会を提供することができます。そして持続可能性は、社会全体に広く必要とされています。

エリクソンの戦略

エリクソンの主要なお客様は、通信サービスプロバイダー(CSP)です。私たちは、CSPが卓越したエクスペリエンスをユーザーに提供し、ビジネスパートナーに使いやすく、インストールしやすい製品やソリューションを提供できるようにすることを使命としています。ネットワークパフォーマンスを最重要視しており、効率化とCSPの皆様に新たな収益源を確保するよう絶えず努力しています。

エリクソンの戦略には、主に2つの柱があります。まず、1つ目の柱はモバイルネットワークにおけるリーダーシップです。これは私たちが140年以上にわたり、テクノロジーの改良、コスト削減、持続可能性の向上に投資をしてきました。私たちは市場シェアを拡大し、クラウド、オープン性、データ重視型オペレーション、などの、CSPの破壊的なテクノロジートランジションをサポートすることを目指しています。

もう1つの柱は、エンタープライズビジネスです。エンタープライズビジネスにも2つの側面があります。まずは無線ネットワークを通じてコネクティビティを企業や工場に提供するプライベート5Gです。プライベート5Gは、簡単に採用でき、運用できるソリューションでなければなりません。なぜなら、エンタープライズカスタマーにとっての要件は様々異なっており、そのひとつひとつに対応する必要があるからです。この非常に重要な分野の核となるのが、ワイヤレスソリューションを提供するグローバルリーダーであるクレイドルポイントの買収です。 エンタープライズビジネスの2つ目の側面は、グローバルネットワークプラットフォームというものです。5Gスタンドアローンネットワーク内にある能力を開示してエンタープライズが使用できるようにすることです。事業のDX化をすすめたり、追加の機会を創出したり、単に運用の効率化に利用することも可能です。この分野の核となるのがコミュニケーションプラットフォームのグローバルリーダーであるVonageの買収です。きわめて大きなデベロッパーコミュニティに標準のAPIを公開します。

5Gリーダーシップ

5Gの技術は過去のどの世代よりも急速に拡大しており、全世界で15億人のユーザーがいます。2028年までには46億人に達すると予想しています。世界の人口の35%がすでに5Gにアクセスでき、韓国などは5Gデバイスが生成するトラフィックがすでに全体の80%近くとなっています。この分野で比類のないリーダーであるエリクソンは、世界の260の5Gネットワークのうち155のネットワークに、また商用化済みスタンドアローンネットワーク41のうち26ネットワークで装置を提供しており、5Gの技術を提供している国は66か国に上ります。ビジネス、技術、性能といったさまざまな面の要件に対応しています。独立した組織の評価も受けており、最近ではガートナーのマジック・クアドラントのリーダーに選出されています。またエリクソンの装置等をご使用いただいているお客様のほぼ80%が性能面で評価されています。こうした5Gの実績を誇りに思います。

ネットワークスライシングとネットワークAPIで収益化とDXを加速

5G構築に多大な投資をしてきたCSPにとって収益化とイノベーションの加速が重要となっています。高性能の5Gスタンドアローンネットワークに支えられた、ネットワークスライシングやネットワークAPIの活用がイノベーションの鍵となっています。これをうまく活用することで、新しいサービスやアプリケーションが可能になり、ユーザーエクスペリエンスが向上します。

2022年にも多くの消費者向けサービスの実証実験や発表がありましたが、今年はネットワークスライシングのエンタープライズ向けのユースケースも出てきています。ビデオ会議などの商用サービスの発表もありました。エリクソンも今年のバルセロナでスペインのオペレーター3社との発表もしました。CAMARAのAPI標準化にも協力し、ビデオ会議やゲーミングなどで高性能のユーザー体験を提供しています。URSPとスライシングの組み合わせにより、消費者向けとより高度なコネクティビティ要件をもつエンタープライズとの差別化を可能にするなど、差別化、ひいては収益化が可能になります。本当の破壊的な動きが生まれるのは、5Gスタンドアローンネットワークが確立して、その上にネットワークスライシングやネットワークAPIが利用可能になった時でしょう。

グローバルネットワークプラットフォームの重要性

CSPが多額の投資をして5Gスタンドアローンネットワークを構築しても、多くの開発者や企業はその機能を活用していく予定がありません。すばらしい機能と潜在的なユーザーとの間に大きなギャップがあります。エリクソンは、グローバルネットワークプラットフォーム(GNP)の提供がその答えだと思っています。GNPはネットワークにとって、端末から見たアップストアです。これは、ネットワーク機能を提供するための標準化されたAPIをデベロッパーコミュニティに提供するものです。これにより、新しいネットワーク機能が開示され、さまざまなアプリケーションやサービスが開発されることが期待されています。

例えば、音声、SMS、動画といった標準の機能だけではなく、5Gスタンドアローンネットワーク内のより高度な機能を開示することができます。GNPの核となるのが、140万人の開発者がプラット―フォーム上でコーディングを行っているVonageの買収です。

先月、ドイツテレコムはエリクソンと提携し、Magenta Business APIを導入したことを発表しました。これはVonageが実現したポータルで、ビジネスパートナーや企業、デベロッパーに対して、コミュニケーションAPIだけでなく、ネットワークAPIも提供します。先に商用化されたAPIは、QoS、位置情報やローミングの場合のデバイスのステータス情報で、新しいイノベーションへの一歩となりました。

講演は11月10日までオンデマンドで視聴可能です。エリクソン講演は10月5日、18:00~18:40に行われました。

The Ericsson Blog

Like what you’re reading? Please sign up for email updates on your favorite topics.

Subscribe now

At the Ericsson Blog, we provide insight to make complex ideas on technology, innovation and business simple.