御社の5G - 1、2、3の簡単な手順で導入できます

Available in English 日本語

皆様は、おそらく5Gがもたらす優れた性能についての評判を耳にしており、市場への参加を希望しているでしょう。そして、何が必要かわかっている、そう考えているでしょう。しかし、希望しているものと、実際に必要なものは同じとは限りません。もう少し説明させてください。ご存知のように、5Gのもたらす機会を最大に活用するには多くの条件があり、適切な計画なしには開始できません。300を超えるユースケースと、膨大な数の垂直市場アプリケーションの中から選択する必要があるため、あえて言いますが、御社のビジネスにとって最良な決定を行うのに実際どうしたら良いかわからないでしょう。

5Gをオンにする

こちらは7月15日に投稿されたブログ記事の翻訳です。

5Gへの移行準備が整ったとして、収益の可能性が最も高い機会をどのように獲得すればいいでしょうか?御社が参入している市場にとって最も意味のあることは何でしょうか?御社に付加価値を与え、お客様が優先的なサービスプロバイダーとして文句なしに御社を選択するようにするには、どうすればいいでしょうか?

弊社の最新のビデオ「5Gへのロードマップ」では、5Gへのスムーズな進化を行うためのガイドとなる実践的な手順を紹介しています。

 

この話題について、もう少し続けましょう。

私は最近、弊社の5Gのコンサルタントであるホアン・カルロス・オルティス(Juan Carlos Ortiz)とヘマント・パーティル(Hemant Patil)の2人に会い、この話題についてさらに探求しました。これらのコンサルタントは、大規模な電話会社の変換を行った経験があり、世界で最も革新的ないくつもの事業者とワークショップを開催しています。

2人との対話をここに掲載しましょう。

Q:ヘマント、5Gへの進化を成功させるために必要な条件は何でしょうか?

A:「サービスプロバイダーが5Gでの地位を固めるには、ビジネス、技術、運用の三つの重要な領域での能力が必要になると思います。 それぞれについて重要な点を紹介しましょう。

1.ビジネスの能力について話すとき、私たちはバリューチェーン内の様々な関係企業から利用できるサービスから、最高の収益を上げたいと思います。私たちは、B2BとB2B2C専用のGo-To-Market(市場開拓)モデルを構築し、実行するために何が必要かを理解する必要があります。そして最も重要なことは、これらのモデルを活性化し、繁栄させるために必要なパートナーシップをどのように形成するかを理解することです。

2.技術的な能力とは、完全にクラウドネイティブなアプリケーションとプラットフォームへの移行、データを最大限に活用するためのAIとアナリティクスの実装、オンデマンドネットワーク、データ、およびIoT用のネットワークとサービスの公開APIの収益化、エッジコンピューティングに伴う価値の最大化に加えて、すべてのアプリケーション、すべての活動を自動化し、コストを最小限に抑えるとともに、迅速化と機動化を実現することです。

3. 最後に、サービスプロバイダーは次のことを実現するために必要な運用能力を検討する必要があります。

4. ソフトウェアパイプライン(CI/CD)とDevSecOpsを採用することで、開発と展開の効率と安全性を向上し、リードタイムを大幅に短縮する。

5. ITスキルを向上させ、従業員がテクノロジーとともに進化できるようにする。

6. データ駆動の予測型環境を実現し、問題が発生して害になる前に予防的に対応する。

Q:ホアン・カルロス、事業者にとって大きな新しい収益源となる、重要なユースケースは何でしょうか?

A: 「エリクソンは、消費者と企業の分野全体にわたって300を優に超える潜在的なユースケースを特定しており、事業者は5Gの能力を活用してこれらのユースケースを追求し、商業化できます。特定の事業者について、これらのユースケースのうちどれが関連するかは、次のものを含む多くの要因に依存します。

  • 現地市場の動態
  • 事業者が、特定の垂直産業のエコシステム内で効果的にパートナーシップを確立する能力
  • 事業者がサービス提供時に果たす役割
  • 機会を収益化するための効果的なビジネスモデルの確立
  • それらを可能にするため必要な技術的能力の迅速な展開
  • エリクソンコンサルティングには、ビジネスおよび技術の観点から、幅広いユースケースの実現可能性をオペレーターが評価するための支援の経験があります」

Q:ホアン・カルロス、事業者が5Gに向けてネットワークインフラストラクチャーを進化させる際に直面する、主な課題は何でしょうか?

A:「通信サービスプロバイダーは、5Gへ移行する過程で数多くの決定を下す必要があります。ここで、進化の方向性は事業者の構想によって決まり、その構想は事業者の市場と目標を基にしていることを強調しておきます。

その前提の上で、これらの決定のいくつかは、周波数帯の選択、アーキテクチャー移行の考慮事項、NFV/クラウドの能力を活用するRANとコアの進化などに基づいて構築されます。

それぞれの決定は、多くの注意を払い、代替案とトレードオフを評価した上で行う必要があります。しかし、これらのすべての決定は、ビジネスの優先順位、戦略的パートナーとの既存の関係、そして事業者がこの競争の激しいエコシステムで果たそうとする役割、すなわち彼らが主要な接続プロバイダーになる方向を選び続けるか、サービスクリエーターになることを目指すかに左右されます。ユースケースでは、ピークデータ速度、モビリティー、遅延、接続密度、エネルギー消費および効率、可用性、位置精度など、特定の性能目標が要求されます。ビジネスと技術の推進要因にフレームワークを適用することは、具体的な選択肢を特定し決定を行う上で役立ちます。さらに、事業者の目的が効率性を活用してネットワークのコストを低減することか、新しい収入源の開拓かによっても、決定は異なります」

Q:ヘマント、では5Gへの移行の準備が整ったとします。その時、何から始めたらいいのでしょうか?

A:エリクソンは、次のようなさまざまな対象層、そしてあらゆる種類の質問に対する見識を提供できます。

  • 5G導入を成功させるため、これまでにどのような教訓が得られていますか?
  • どのアプリケーションや垂直分野において、潜在的な収益が大きく増大する可能性がありますか?
  • 事業者は、どのようにしてサービス提供に必要なサービスとネットワーク能力を理解しますか?
  • 標準やエコシステムの成熟に合わせて、事業者が検討すべき具体的な技術は何で、その導入スケジュールはどうすべきですか?
  • 5Gへの進化において、事業者は既存の資産をどのように最大化および活用できますか?」

さらに詳しい情報を得るには?

5Gへの移行は確かに困難に思えるかもしれませんが、適切な準備によって、5Gへのスムーズな進化が保証されます。弊社の専門家のヘマントとホアン・カルロスの詳細情報については、下のプロフィールをクリックしてください。LinkedInのプロフィールを使って直接連絡するか、ここをクリックして5G変換ワークショップを予約するメールを送ってください。

The Ericsson Blog

Like what you’re reading? Please sign up for email updates on your favorite topics.

Subscribe now

At the Ericsson Blog, we provide insight to make complex ideas on technology, innovation and business simple.