ericsson.com
Your location is listed as Global
Login

エリクソン、スプリントの商用モバイル5G開始を主導

本資料は2019年5月30日に発表された報道資料の抄訳です。

エリクソンは、米国の通信事業者スプリントがアトランタ、ダラス、ヒューストン、カンザスシティの四つの都市で本日開始した商用モバイル5Gサービスで中心的な役割を果たしています。

スプリントは、米国でエリクソンとの緊密な協力関係のもとに5Gサービスを開始する第三の大手サービスプロバイダーとなります。現時点でエリクソンは、世界各地で7つの商用5Gネットワークをサポートしています。

アトランタ、ダラス、ヒューストン、カンザスシティに展開されたエリクソンの5G Massive MIMO無線装置は、スプリットモードをサポートし、スプリントがLTE Advancedと5G New Radioサービスを同時に提供することを可能にしています。エリクソンはまた、スプリントのすべての5G市場で、5G NSAコアのMMEプラットフォームを提供します。

2.5 GHzミッドバンド帯で稼働するスプリントの5G Massive MIMO無線装置は、既存の4Gセル局に展開され、2.5 GHz LTEと5G NRでほぼ同じ面積のカバレッジを提供します。

スプリントのミシェル・コンブ(Michel Combes)CEOは次のように述べています。「スプリントの5Gによって、お客様に真のモビリティと米国最大の初期5Gフットプリントを提供できることを光栄に思います。これは画期的な日ですが、私たちスプリントは、T-モバイルと共に、米国のすべての企業と消費者に利益をもたらす、より優れた、より速い、全米規模のモバイル5G網を一緒に構築し、今後さらに多くのことを達成できることでしょう」

スプリントは、5Gがモバイルの顧客に、ゲームやエンターテイメントサービスからIoTやビジネスアプリケーションに至る新しい体験をもたらすとしています。

エリクソン上席副社長兼ネットワーク事業部総責任者のフレドリック・イェドリング (Fredrik Jejdling) は、次のように述べています。「エリクソンは、5Gの力をネットワークで解き放てるようスプリントと協力してきました。エリクソンの5G Massive MIMO無線装置は、スプリントのユーザーに真の次世代体験を提供し、企業と消費者向けの最新のアプリケーションを実現します」

Ericsson 5Gの詳細は こちら
エリクソンの発表済み5G契約の詳細は こちら
エリクソンの5Gパートナーシップに関する詳細は こちら
エリクソンの5Gユースケーストライアルの詳細は こちら

お問い合わせ先

エリクソン・ジャパン株式会社
マーケティング&コミュニケーション本部
Email: info.k@ericsson.com