ericsson.com
Your location is listed as Global
Login

エリクソンとテルストラ、オーストラリア初の5Gエンド・トゥー・エンドのスタンドアローン通話を達成

本資料は2019723に発表された報道資料の抄訳です。

エリクソンとテルストラはオーストラリアのゴールドコーストに所在するテルストラの5Gイノベーション・センターで、オーストラリア初のエンド・トゥー・エンドの5Gスタンドアローン(SA)通話に成功、5Gの進化に向けた取り組みを加速しています。

5G Networks   #standalone #NewRadio

通話は、エリクソンのベースバンド6630、Radio AIR6488、および5GのSAデバイスを用い、MediaTekチップセットを基に3.6GHzのスペクトル上で実施されました。

このマイルストーンは、エリクソンが最近発表した、超高速の応答を可能にし、5Gカバレッジを急拡大する新たな機能を備えた、最新のSA NR(New Radio)ソフトウェアに続くものです。

5G SAは、ネットワーク効率を向上し、新たなユースケースの開発を支援する、5G無線ネットワークの最終的なアーキテクチャーと考えられています。これは、インダストリー4.0構成要素であり、5Gの低遅延性、柔軟性、速度によって特徴づけられる効率的な接続性が新たなテクノロジーや産業を推進していくでしょう。

エリクソン・オーストラリアおよびニュージーランドの代表を務めるエミリオ・ロメオ(Emilio Romeo)は、次のように述べています。「オーストラリアおよび南半球で初の5Gスタンドアローン通話に成功したことは、産業界での生産性を向上し、インダストリー4.0を実践する上で不可欠な一歩です。5Gはこれまでのような単純なアップグレードとは異なり、インテリジェントな接続性の新たな時代を刻むイノベーションの基盤となるものです。 5G ノン・スタンドアローン(NSA)で5G商用展開を開始した世界初の事業者の一社であるテルストラと協力することで、オーストラリアが引き続き、最先端のテレコミュニケーション技術を教授できるようなイノベーションを牽引し、また推進し続けていきます」

テルストラのネットワークおよびインフラストラクチャー向けエンジニアリング担当者、チャナ・セネヴィラトネ(Channa Seneviratne)氏は、次のように述べています。「テルストラは世界およびオーストラリアの5G開拓史上、数々の功績を成し遂げています。最近ではテルストラのネットワーク上にオーストラリアで初めて、5Gの端末相互間スタンドアローン通話に成功した。テルストラは引き続き、世界規模の5G開拓を主導する立場を保ちながら、同時にオーストラリアでの5G展開を推進していきます。今日までに10都市で5Gを開始、今後12カ月間で少なくとも35都市に拡大する予定です。テルストラの5Gイノベーションセンターで行っているスタンドアローン5G通話は、現在継続中の端末相互間5Gエコシステムの理解に役立っています。つまり5Gエコシステム内で見られる同業者同士の協業が成功している、もうひとつの例であり、その過程においてエリクソンのような技術パートナーが、5Gの進歩に必要な段取りを整えることで、すべてにオーストラリア人が恩恵を受けるでしょう」

関連リンク:

エリクソン5Gの詳細は こちら
エリクソンの発表済み5G契約の詳細は こちら
エリクソンの5Gパートナーシップに関する詳細は こちら
エリクソンの5Gユースケーストライアルの詳細は こちら

お問い合わせ先

エリクソン・ジャパン株式会社
マーケティング&コミュニケーション本部
Email: info.k@ericsson.com