ericsson.com
Your location is listed as Global
Login

エリクソンとテレフォニカ、メルセデス・ベンツの5G自動車製造を実現へ

本資料は2019627に発表された報道資の抄訳です。

エリクソンはテレフォニカ・ドイツと提携し、ドイツ南部のメルセデス・ベンツ、ジンデルフィンゲン工場においてプライベート・ネットワークを介した5Gによる自動車製造を実現します。

新たに建設されたFactory 56の全ての製造システムや機械は、膨大なデータを処理しながらギガビットのデータレートとほぼリアルタイムの遅延時間を誇る安全な5Gを介して接続、運用されます。自動車製造業界におけるデジタル化とモノのインターネット(IoT)が現実的になるなか、この5Gネットワークはメルセデス・ベンツに柔軟性、製造の正確性と効率性の向上をもたらします。                                                      

5Gネットワークによって組立ラインでのデータ連携や製品の追跡が容易になり、全てのプロセスが最適化され、より堅牢になります。また、必要に応じて市場要件に短期間で適応させることも可能です。

Factory 56の製造システムと機械のインテリジェントな接続は、プライベート 5Gネットワークとして安全な方法で実行されます。

エリクソンとテレフォニカ・ドイツは、20,000平方メートルにおよぶ施設内にエリクソンのプライベートネットワーク製品で構成されるネットワークを現在構築中で、完成後はメルセデス・ベンツに引き渡し、運用が開始されます。

メルセデス・ベンツは、Factory 56から得る経験を将来的には他工場の5G実装計画にも適用すると述べています。

メルセデス・ベンツ自動車の製造およびサプライチェーン部門理事会員であるヨーク・バーザー(Jörg Burzer)氏はこう述べています。「自動車の発明者として、私たちは製造のデジタル化を全く新しいレベルに引き上げようとしています。ローカル5Gネットワークの導入によってメルセデス・ベンツの自動車工場のすべての製造システムと機械のネットワーキングは今後さらにスマート化され、効率化されます。つまり全く新しい製造への道が開かれるのです」

テレフォニカ・ドイツのCEOであるマーカス・ハース(Markus Haas)氏はこのように述べています。「私たちは産業拠点としてのドイツにおける5G時代をスタートし、世界最新の自動車工場の一つである当工場に最新のモバイルネットワークを構築しています」

エリクソンの欧州および中南米の社長および総責任者であるアルーン・バンサル(Arun Bansal)は次のように述べています。「5Gは安全でほぼリアルタイムのコネクティビティを通じて製造のあり方を変えようとしています。この結果、生産性の変革が起こり、スピードと効率性が向上するでしょう。エリクソンはメルセデス・ベンツとテレフォニカとの緊密な連携によって5Gプライベート・ネットワーク技術のリーダーシップをジンデルフィンゲン工場で形にしていますが、このように自動車産業は5Gの最初の受益者となるでしょう」

エリクソン 5Gに関する追加情報

エリクソンのプライベートネットワークソリューションの詳細はこちら
エリクソンの 5Gの詳細は こちら
エリクソンの発表済み5G契約の詳細は こちら
エリクソンの5Gパートナーシップに関する詳細は こちら
エリクソンの5Gユースケーストライアルの詳細は こちら
エリクソンのスマートマニュファクチャリングの詳細はこちら

参考資料

メディアキット、背景解説、高解像の写真は、以下URLからダウンロードいただけます。 www.ericsson.com/jp/thecompany/press

www.ericsson.com/jp/
http://www.ericsson.co.jp/blog/
twitter.com/EricssonJapan
www.facebook.com/EricssonJapan
www.youtube.com/user/EricssonJapanComms

お問い合わせ先

エリクソン・ジャパン株式会社
マーケティング&コミュニケーション本部
Email: info.k@ericsson.com