エリクソン、世界で初めて5G NR無線装置提供

Categories: Press Releases

本資料は2016年8月31日に発表された報道資料の抄訳です。

  • Massive MIMOとマルチユーザーMIMO対応の世界初の商用5G New Radio(NR)無線装置が2017年に登場
  • 今日のネットワークにおいて、Ericsson Radio Systemの追加新機能が5Gの主な要件に対応
  • 先駆的なIndustrialized Network Rollout Servicesソリューションは、1度のサイト訪問で設定から検証までの完全なロールアウト作業をサポート

エリクソン(NASDAQ:ERIC)は世界初のMassive MIMO対応5G NR無線装置の商用化を進め、2017年に最初の市場展開を予定しています。6月に発表したEricsson 5G Plug-Inと、優れた開発として賞を受けているエリクソンの無線テストベットでも利用され、既に商用展開しているRadio System Baseband 5216と共に、エリクソンは世界で初めて5Gアクセスネットワークの全コンポーネントを提供します。

AIR 6468
AIR 6468は初の商用NR無線装置です。エリクソンのMassive MIMOとマルチユーザーMIMOの5G Plug-Inを提供します。
AT&TのWireless Network Architecture and Design部門のシニアバイスプレジデントであるトム・キースリー(Tom Keathley)氏は次のように述べています。「5Gに向けて邁進している中、LTEのみならず、将来の5G NR標準でも展開できる柔軟な無線プラットフォームを持つことは有益です」

AIR 6468は高度アンテナと多数の制御可能ポートを組み合わせ、ビームフォーミング、Massive MIMO、この上に構築されるマルチユーザMIMO(MU-MIMO)といった5G技術を実現します。これらの機能は、ネットワークの容量やカバレッジを増強し干渉を減らす一方、ユーザー・エクスペリエンスも向上させます。新無線装置はLTEにも対応するため、今日のネットワークにも適用可能です。

中国移動通信研究所(CMRI)、副所長の黄宇红氏は次のように述べています。「3D MIMOとしても知られているMassive MIMOは、中国移動通信の4Gから5Gに至る技術ロードマップにおいて重要なマイルストーンです。エリクソンの新無線製品がまもなく市場投入され、当社のニーズを満たし5G技術を既存ネットワークに統合できることを非常に嬉しく思います」

Ericsson Radio Systemに多くの新規機能も追加され、今日のネットワークにおいて主な5G要件に対応します。

スイスコムのジョイントモバイルグループ長のダニエル・シュタウプ(Daniel Staub)氏は次のように述べています。「5Gへ向かう途上、LTEの高度化に投資し続け、それが5Gネットワークの一部となっていきます。この高度化の過程で我々をサポートする進化の道をエリクソンが重視することを選んだことは、我々にとって大きな意味を持ちます。これらの機能強化は、お客様のユーザーエクスペリエンスをさらに向上させるでしょう」

5Gコンセプトに対応するEricsson Radio Systemの追加新機能

  • LTE向けのギガビット速度をサポートし、設計上の柔軟性をさらに高める3種の新無線装置:Radio 4407およびRadio 4412は、それぞれFDDとTDD用で、1台の無線装置で4x4 MIMOを実現し、Radio 8808は高度TDDビームフォーミングに対応します。
  • 免許不要周波数オプションの必要性と増大するスモールセルの重要性の両方に対応するRadio 2205:Ericsson Radio Systemに完全に統合され他と同じベースバンドとネットワーク管理機能を使用した免許不要周波数用のマイクロソリューションです。
  • ますます増える高密度化の必要性に対応する2つの新規ベースバンドユニット:柔軟なサイト構築用の屋外マイクロBaseband 6502とEricsson Rail Systemに対応したマクロBaseband 6303です。
  • 密集した構築環境における干渉状況に対応するBaseband P614:アンテナシステム内外の静止ソースと移動ソースから発生する、PIMと呼ばれるパッシブ相互変調ひずみを軽減することで、難題を抱えるサイトで新たな帯域の利用を実現します。
  • Uplink Spectrum Analyzer:周波数最適化の必要性が高まりつつある中、このエリクソン独自のソフトウェアソリューションは、高価な測定装置やサイト訪問を必要とせずに遠隔で外部干渉を特定します。
  • エリクソンだけが提供する動的電力共有を使用する広帯域Radio 2242:この機能により、電力がキャリア間、標準間および帯域間で動的に共有でき、無線リソースの使用を最適化します。
  • Baseband C608:Cloud RANは今後重要な5Gネットワークアーキテクチャとなりますが、本ベースバンドはElastic RANの展開において高性能な切替機能を提供します。

Current AnalysisのConsumer and Infrastructure Services部門、バイスプレジデントであるピーター・ジャリック(Peter Jarich)氏は次のように述べています。「今日のモバイル通信事業者は、明らかに自社の既存LTEネットワークへの投資を続けながらも、5G商用化競争に重点を置いています。スモールセル、免許帯域と免許不要帯域の組み合わせ、Cloud RAN、ネットワークの高密度化、周波数の最適化といった主要5Gコンセプトを反映する新しい5G無線装置とLTE製品を携えた、エリクソンのポートフォリオへの新規追加機能とEricsson Radio Systemイノベーションは、道理に適った今後の方向性を示しています」

新規ネットワークの構築をサポートするため、エリクソンは業界初のIndustrialized Network Rollout Servicesソリューションを立ち上げました。Network Deployment Delivery Platformは、エリクソンの先駆的なプロセスと組み合わせることで、1度のサイト訪問で、完全な設定、設置、統合、試運転および十分に検証を終えたサイトの引き渡しを容易に実現します。

エリクソンのネットワーク製品部門総責任者であるアルーン・バンサル(Arun Bansal)は次のように述べています。「エリクソンは全世代の移動通信技術でイノベーションを推進してきました。そして今私たちは、果敢に約束以上の製品とサービスを提供する準備が整っています。先行する通信事業者が5Gインフラの展開を開始できるように、6月に発表した5G Plug-Inが動作する新規ハードウェアの導入を進めています。さらに、5Gへ進化するコンセプトを利用して、今日のネットワークの性能および効率性を高めるイノベーションを市場投入していきます」

Ericsson Radio System

新無線機、さまざまなベースバンドユニット、ソフトウェア機能、効率化したサービスプラットフォームにより、Ericsson Radio Systemで通信事業者は次の装置へ移行することができます。


参考資料

以下、参考ページをご覧ください。

Mobile Networks Shift to the Next Gear with Ericsson 5G and LTE Advances

Shift into the next gear – Ericsson introduces world’s first 5G-compatible radio

Ericsson launches 5G Plug-Ins to equip today's networks for 5G

5G media kit

エリクソンの5G無線プロトタイプ、MU-MIMOを用いたダウンリンクのスループットで最高25Gbps以上を達成

エリクソン、NTTドコモと共同フィールドトライアルに向けて5G 無線プロトタイプを開発

New 5G innovations boost mobile data speeds

Ericsson first with key 5G advances

White Paper: 5G radio access - capabilities and technologies

White Paper: 5G systems - enabling industry and society transformation

White Paper: 5G security - scenarios and solutions

White Paper: 5G energy performance - key technologies and design principles

高解像度の写真と動画のダウンロードは、以下URLからダウンロードいただけます。
www.ericsson.com/press

エリクソンは通信技術とサービスを提供する世界有数の企業として、ネットワーク化社会 (Networked Society)の実現を目指して邁進しています。エリクソンは世界中の大手通信事業者との長期的な関係を通じて、人々、ビジネス、社会がそれぞれの可能性を追求し、持続可能な未来を創成しようとする取り組みを支援していきます。

エリクソンのサービス、ソフトウェア、インフラストラクチャ、特にモバイル、ブロードバンド、クラウド分野におけるそれらの技術は、通信とその他の分野における事業の改善、効率の向上、より良いユーザー体験の提供、新しいビジネス機会の創造を実現します。

180カ国で事業を展開し、11万5000人を超える社員を擁するエリクソンは、グローバルな事業規模と、テクノロジーおよびサービスにおけるリーダーシップを備えています。エリクソンは今日、25億人を超えるエンドユーザーへのサービスをサポートしています。世界のモバイルトラフィックの40%以上がエリクソンの提供するネットワークを利用しています。エリクソンは、我々のソリューションとそれらを活用するお客様が常に時代の最先端にいられるよう、研究開発への投資を行っています。

エリクソンは1876年に設立され、本社所在地はスウェーデンのストックホルムです。2015年の売上高は294億USドル (2469億SEK)です。エリクソンは、NASDAQ OMXストックホルム およびNASDAQニューヨーク証券取引所に上場しています。

www.ericsson.com/jp/
www.ericsson.co.jp/blog/
twitter.com/EricssonJapan
www.facebook.com/EricssonJapan
www.youtube.com/user/EricssonJapanComms

お問い合わせ先

エリクソン・ジャパン株式会社
マーケティング&コミュニケーション本部
Email: info.k@ericsson.com