ericsson.com
Your location is listed as Global
Login

エリクソンとKDDI、5Gネットワークを展開

  • エリクソン、KDDI5Gバンド向け無線アクセス装置を提供
  • 5Gサービス開始は20203月の予定
  • 両社は201511月以来5Gで協力し、複数の5Gユースケースの共同実験に成功

5G   #Japan #5G

Ericsson 5G heroes Japan

エリクソン(NASDAQ: ERIC)は、通信サービスプロバイダーのKDDIの5Gネットワーク展開の主要ベンダーに選定されました。KDDIは2020年3月に商用5Gサービスを開始し、2024年度末までに5G基盤展開率93%以上を達成する予定です。

エリクソンは契約のもと、KDDIにEricsson Radio Systemポートフォリオ中の製品とソリューションを含む無線アクセスネットワーク装置を供給します。これによりKDDIは、自社の有する帯域を最大限利用し、日本国内の複数の地域のサブ6GHzと28GHz帯で5G New Radio(NR)による商用5Gサービスを展開することが可能となります。今回の5Gベンダーの選定は、4年近くにわたる5G分野での両社の緊密な共同作業を経て実現したものです。

エリクソン上席副社長兼北東アジア地域総責任者のクリス・ホートン(Chris Houghton)は、次のように述べています。「2013年に重要なパートナーシップを構築して以来、両社は協力関係を拡大してきました。今後の2社間の協力体制の強固なベースとなり、KDDIのユーザーに次世代のサービスを提供することを可能にするKDDIの5Gネットワーク構築に携わることができ大変喜んでいます」

総務省は、2020年の5Gサービス開始に向け、今年4月に通信サービスプロバイダーのKDDI、ソフトバンク、NTTドコモ、楽天に周波数帯を割り当てました。総務省は、通信業界が5Gインフラを大都市を超えて地方にも広く構築することを期待しています。KDDIは、2024年度末までに日本国内で93.2%の5G基盤展開率達成を目指していると報じられています。

KDDIとエリクソンは、4.5GHz帯と28GHz帯において、5GとLTEのインターワークを含む広範な5Gユースケースについて、膨大な数の共同試験を行ってきています。

両社は、最新のモバイルテクノロジーの発展を促進するために覚書に調印した2015年11月25日以来、5Gで協力関係にあります。

参考資料

メディアキット、背景解説、高解像の写真は、以下URLからダウンロードいただけます。 www.ericsson.com/jp/thecompany/press

www.ericsson.com/jp/
http://www.ericsson.co.jp/blog/
twitter.com/EricssonJapan
www.facebook.com/EricssonJapan
www.youtube.com/user/EricssonJapanComms

エリクソンについて

エリクソンは、コネクティビティから最大限の価値を創造する通信サービスプロバイダーをお手伝いします。ネットワーク、デジタルサービス、マネージドサービス、新しいビジネスにわたるポートフォリオを持ち、お客様のデジタル化、効率向上、新たな収益源の発掘をお手伝いします。エリクソンのイノベーションへの投資は、電話とモバイルブロードバンドのメリットを世界中の何十億もの人々にもたらしてきました。エリクソンは、ストックホルムとニューヨークのナスダックに上場しています。www.ericsson.com

お問い合わせ先

エリクソン・ジャパン株式会社
マーケティング&コミュニケーション本部
Email: info.k@ericsson.com