Chunghwa Telecom、台湾で商用5Gを開始

次からも入手できます English 日本語

本資料は202071日に発表された報道資料の抄訳です。

台湾のChunghwa TelecomCHT)が、エリクソンの5G RANおよびコアネットワークソリューションを使い5Gネットワークの商用運用を開始しました。CHTはこの台湾初の商用サービスを630日に開始しています。

News
7 01, 2020
Evening cityscape view of Taipei, Taiwan.
Evening cityscape view of Taipei, Taiwan.

エリクソンは、2020年3月にCHTの5Gサプライヤーに選定されています。エリクソンは、Ericsson Radio Systemの5Gノンスタンドアローン技術をCHTの3.5GHzと2.1GHz帯に展開しています。また、エリクソンはCHTの5Gコアネットワークの単独サプライヤーです。

モバイルユーザーにモバイルブロードバンドの強化版を提供することに加え、CHTは産業向けの5Gアプリケーションの開発も行っています。ユースケースには、企業向けのプライベートネットワーク、企業向けAR、スマート交通、スマート救急車・リモートケア、スマート機器検査、スマートメーターなどがあります。

CHTのネットワークは、25か国に展開されているエリクソン装置を使用した5Gライブネットワークの42番目のネットワークになります。エリクソンは現在、世界でそれぞれ異なる事業者と95件の商用5G契約を結んでおり、そのうち55件が公表されています。

関連コンテンツ:

Chunghwa Telecom selects Ericsson for rapid 5G build-out in Taiwan

エリクソンの5G

エリクソンの5G コア

お問い合わせ先

エリクソン・ジャパン株式会社
マーケティング&コミュニケーション本部
Email: info.k@ericsson.com