MTN、南アフリカの都市部でエリクソン5Gの商用運用開始

次からも入手できます English 日本語

本資料は20207月2日に発表された報道資料の抄訳です。

通信事業者のMTNは、南アフリカのブルームフォンテーンとポートエリザベスでエリクソン5Gの商用運用を開始しました。

News
7 22, 2020
Commuters on a public transport bus benefiting from mobile connectivity.
通勤者は5G接続の恩恵を受けることになります。

2019年11月、エリクソンは、MTN南アフリカのベンダーとして、同社のRAN(Radio Access Network)にEricsson Radio System、トランスポート、そして5Gコアネットワークポートフォリオにわたる製品とソリューションを提供すると発表しました。エリクソンはまたエリクソンスペクトラムシェアリングも展開します。

MTN南アフリカは、6月30日にブルームフォンテーンとポートエリザベスで商用5Gの運用を開始しました。

MTN南アフリカの最高技術および情報責任者、ジョバンニ・キアレッリ(Giovanni Chiarelli)氏は次のように述べています。「5Gは、産業のデジタルトランスフォーメーションを加速し、革新的なアプリケーションで消費者を活力をもたらす可能性を秘めています。革新的なパートナーとの戦略的パートナーシップは、私たちの取り組みに不可欠です」

エリクソンの中東およびアフリカ地域総責任者のファディ・ファラオン(Fadi Pharaon)は、次のように述べています。「南アフリカに5Gの時代が訪れようとしています。南アフリカの人々は間もなく日常生活の中で5Gを体験し、社会と産業へのプラスの影響を目の当たりにすることになるでしょう。長い間MTNと緊密に連携して働いてきたエリクソンは今、南アフリカで5Gの商用運用を開始しようとしています。世界中に多くの商用5Gネットワークを持つ私たちは、MTNとの長年にわたるパートナーシップを継続し、アフリカのデジタライゼーションを確実に実現するためのイノベーションを共同で先導・推進してまいります」

エリクソンは現在、それぞれ異なる事業者と95件の商用5G契約および合意を締結しており、そのうち43件の商用5Gネットワークを含む55件の契約が公表されています。

関連リンク:
MTN South Africa selects Ericsson for commercial 5G Core and Radio
MTN and Ericsson launch live 5G network in South Africa’s cities Bloemfontein and Port Elizabeth
Ericsson 5G
Ericsson Radio System
Ericsson 5G Core

お問い合わせ先

エリクソン・ジャパン株式会社
マーケティング&コミュニケーション本部
Email: info.k@ericsson.com