ロシアのTele2、25,000台のエリクソン製5G対応基地局を展開

次からも入手できます English 日本語 Pусский

本資料は20208月18日に発表された報道資料の抄訳です。

エリクソンは、25,000台の5G対応基地局を導入し、わずか18ヶ月でロシア全土Tele2のインフラアップデートを実現しました。ロシアの全27地域を対象としたこのアップデートによってネットワークの容量と性能が1.7倍向上しました。

 

Ericsson Radio System

Tele2ロシアCTOのアレクセイ・テルコフ(Aleksey Telkov)氏は次のように述べています。「私たちは広いネットワークカバレッジと高いインターネット速度を提供しているので、お客様は私たちのサービスをお勧めしてくれています。モスクワ地域には当初から5G対応の基地局を設置しました。ロシアの首都の中心部にパイロット5Gネットワークを展開し、エリクソンと共に全国で大規模なネットワークの刷新を進めています。このようにTele2は技術面で5Gの準備ができています」

Tele2ネットワークにおけるエリクソン基地局の設置と立ち上げは、バルセロナで開催されたMWC 2019で合意された5年間のネットワーク刷新契約の半分を達成したことになります。これは2019年8月にモスクワの中心部に展開された初めての5Gゾーンに続くものです。

ロシアのエリクソンを代表するセバスチャン・トルストイ(Sebastian Tolstoy)は次のように述べています。「Tele2の加入者様には、エリクソンが開発した高品質のモバイルインターネットサービスをご利用いただけます。ロシアにあるエリクソンのすべてのネットワーク機器は、リモートでのソフトウェアインストールによる5Gテクノロジーへのアップグレードをサポートしているため、ロシアの事業者は、適切なライセンスを取得することですぐに新サービスを開始できます。モスクワにあるエリクソンの5Gイノベーションハブでは、通信事業者が稼働中の5GネットワークとIoTネットワーク上で革新的な技術を試験できます。イノベーションハブと同じ場所にあるトレーニングセンターであるエリクソンアカデミーでは、毎年1,000人以上のロシアの通信事業者の専門家と学生を訓練しています」

お問い合わせ先

エリクソン・ジャパン株式会社
マーケティング&コミュニケーション本部
Email: info.k@ericsson.com