TDCデンマーク、エリクソン5Gで商用運用開始

次からも入手できます English 日本語

本資料は20209月7日に発表された報道資料の抄訳です。

デンマークの通信事業者TDCは、エリクソンのフィールドプロフェッショナルによる迅速な展開により、5Gの全国ネットワーク展開計画を前倒しすることができました。TDCはこの迅速な展開によって、97日にデンマークの大部分で商用5Gを開始しています。

News
9 11, 2020
エリクソンのフィールドエンジニアがヘルシンゲルにTDCの5Gネットワークを展開
エリクソンのフィールドエンジニアがヘルシンゲルにTDCの5Gネットワークを展開

エリクソン5G製品とソリューションの展開は2019年10月に始まりました。それ以来、デンマーク全体で約3,000の基地局にエリクソンの5G技術が実装されています。これは毎週100以上の基地局に相当します。エリクソンのフィールドエンジニアは、1日だけで35箇所の基地局を立ち上げました。

サービス対象となる主な都市

3.5GHz帯によるTDCの5Gサービス対象の地域には、デンマークの主要都市であるコペンハーゲン、オーデンセ、オーフス、ヘルシンゲルが含まれています。現在も進行中の急速なロールアウトは、ロールアウトの目標より約3ヶ月先行しています。2020年末までには全国をほぼ網羅するカバレッジが達成されることでしょう。

TDC NETのアンドレアス・フィステラー(Andreas Pfisterer)CEOは、次のように述べています。「5Gカバレッジを全国レベルで実現し、コペンハーゲン、オーデンセ、オーフス、ヘルシンゲルの中心部で超高速のアクセスを提供するという大きな望みを迅速に果たせたことを嬉しくまた誇りに思います。年間最大40%の成長を続けているモバイルデータ消費に応える強力なインフラストラクチャーがこれまで以上に必要なこの時期に、5Gサービスを開始できることは重要です」

エリクソンの北欧・中欧地域総責任者のジェニー・リンドクヴィスト(Jenny Lindqvist)は次のように述べています。「私たちはTDCと緊密に協力して、5G展開のニーズを迅速に満たしてきました。5Gは、デンマークの消費者と産業の両方に大きな利益をもたらすことでしょう。」

リンドクヴィストはさらにこう続けています。「5Gに関わるイノベーションと新しいビジネスチャンスを推進する、TDCとエリクソンの共同チームのイノベーションハブが重要な役割を担うでしょう。イノベーションハブはすでにデンマーク初の産業用5G網をグルンドフォスと共に展開し、製造業、医療、メディア、エンターテインメントといった主要な産業でも、5Gに関連する新たな機会を創出しています」

エリクソンの5Gリーダーシップ

エリクソンは2019年3月にTDCの5G無線およびコアサプライヤーとして発表されました。2019年9月以来、エリクソンはEricsson Operations Engineを利用しTDCのモバイルネットワークを運用しています。

エリクソンとTDCデンマークの5Gパートナーシップには、Ericsson Radio SystemのRAN(Radio Access Network)製品とソリューション、エリクソン5Gコアポートフォリオのコアソリューションが含まれています。

エリクソンは現時点で、それぞれ異なる通信事業者と稼働中の59の商用5Gネットワークを含む108件の商用5G契約を結んでおり、そのうち58件が公表されています。

関連リンク:
TDC selects Ericsson for 5G and Ericsson Operations Engine managed services
Grundfos pursues Industry 4.0 with Ericsson/TDC NET dedicated 5G network 
Ericsson 5G
Ericsson Radio System
5G Core
Ericsson Managed Services

お問い合わせ先

エリクソン・ジャパン株式会社
マーケティング&コミュニケーション本部
Email: info.k@ericsson.com