サービスに合わせて効率的にネットワークを提供するネットワークスライシング技術の実証実験に成功

Press release
6 13, 2016

株式会社NTTドコモ(以下ドコモ)とエリクソン(NASDAQ:ERIC)は、第5世代移動通信システムの実現に向け、お客さまが利用するサービスに合わせて効率的にネットワークを提供するネットワークスライシング技術の実証実験を行い、2016年6月9日(木)、複数の異なるサービスをそれぞれのサービスに合った効率的なネットワークに収容することに成功しました。

ネットワークスライシング技術とは、低遅延・高信頼・高セキュリティ等、様々な要求条件が求められる5Gにおいて、ネットワークを仮想的に分割(スライス)することで、お客さまが利用するサービスの要求条件に合わせて効率的にネットワークを提供する技術です。

本実験は、サービスの要求条件に基づき自律的に最適なネットワークスライスを選択または作成する機能を新たに追加することで、複数の異なるサービスを最適なネットワークスライスを通じて提供することに成功しました。ドコモは、ネットワークスライスを選択または作成する機能の設計を行い、エリクソンはエリクソンのクラウド製品を用いてネットワークスライスのサービスを管理する基盤を実装しました。

本実験の成功により、1つのネットワークにすべてのサービスを収容する現在の運用とは異なり、共通のネットワーク基盤上にネットワークスライスをサービスごとの要求条件に合わせて仮想的に構築し収容することで、サービスに必要な高いレベルの要求条件を効率的に実現できるようになります。

また、1つの端末が複数のネットワークに並列して接続できるようになるため、たとえば、コネクテッド カーにおけるV2X通信※1(高セキュリティ、低遅延)と、インフォテイメントサービス※2(広帯域)等、大きく異なる要求条件を持つ複数のサービスを1つの端末でご利用いただくことが可能となります。

ドコモは世界の主要ベンダと協力し、5Gおよび将来ネットワーク技術の検討を進めており、本実験の成功は、2014年9月からエリクソンと共同で検討を進めた成果の一つです。

なお、本成果は、2016年6月28日(火)から2016年6月30日(木)までイギリスのロンドンで開催される「5G World」にて展示いたします。

両社は、5Gにおいて多様なサービスを実現するため、今後も最先端ネットワーク技術の開発・標準化に取り組んでまいります。

※1 自動車と自動車、道路設備(信号等)や歩行者との通信を行うことで、自動運転につながる技術

※2 情報(インフォメーション)と娯楽(エンターテイメント)を融合したサービスで、車内での映像・音楽や地図・渋滞情報などのサービス

なお、実証実験の概要は以下の通りです。

1.実験内容 複数のサービスを、それぞれのサービス要求条件に応じて最適なネットワークスライスを通じて接続 させる。また、適切なネットワークスライスが無いと判断した場合には新規にネットワークスライスを作成する。

2.実施場所 Ericsson  AB Lindholmspiren 11, 417 56 Goteborg, Sweden

3.実施期間 2016年6月7日(火)から2016年6月9日(木)まで

4.役割分担 ドコモ:ネットワークスライスを選択または作成する機能の設計、提案 エリクソン:ネットワークスライスのライフサイクルとサービスを管理する技術を開発

5.イメージ図 (ネットワークスライシング技術)
ネットワークスライシング技術

6.両社のコメント
<株式会社NTTドコモ>
中村寛 執行役員 R&D戦略部長
ネットワークスライシングは将来の多様化する通信を効率的かつ安心・安全に実現するために重要な技術です。 エリクソンとの実証実験がこのような将来ネットワーク技術実現に重要な役割を果たすと考えています。 <エリクソン>
クラウドおよびIPビジネス部門の副社長および技術総責任者
ホーカン・デュープハンマー(Håkan Djuphammar)
5Gにおけるドコモとの協力は、エリクソンとドコモの長期にわたる関係と5Gへの共同のコミットメントを裏付けるものです。ネットワークスライシングの実証実験は、5Gとネットワーク化社会に必要なスピード、遅延、容量などの異なる特性に対応し、新しいサービスを迅速、効率的かつ柔軟に導入する能力を実証しています。

参考資料

以下、参考ページをご覧ください。

世界初、屋外環境で通信容量20Gbpsを超える5Gマルチユーザ通信実験に成功~2台同時接続で1台平均10Gbps超の通信速度を実現~

エリクソン、NTTドコモと共同フィールドトライアルに向けて5G 無線プロトタイプを開発

エリクソンクラウドプラットフォーム、ドコモによるマルチベンダーNFVソリューションの商用運用開始の成功に貢献

高解像度の写真と動画のダウンロードは、以下URLからダウンロードいただけます。
www.ericsson.com/jp/thecompany/press

エリクソンは通信技術とサービスを提供する世界有数の企業として、ネットワーク化社会 (Networked Society)の実現を目指して邁進しています。エリクソンは世界中の大手通信事業者との長期的な関係を通じて、人々、ビジネス、社会がそれぞれの可能性を追求し、持続可能な未来を創成しようとする取り組みを支援していきます。

エリクソンのサービス、ソフトウェア、インフラストラクチャ、特にモバイル、ブロードバンド、クラウド分野におけるそれらの技術は、通信とその他の分野における事業の改善、効率の向上、より良いユーザー体験の提供、新しいビジネス機会の創造を実現します。

180カ国で事業を展開し、11万5000人を超える社員を擁するエリクソンは、グローバルな事業規模と、テクノロジーおよびサービスにおけるリーダーシップを備えています。エリクソンは今日、25億人を超えるエンドユーザーへのサービスをサポートしています。世界のモバイルトラフィックの40%以上がエリクソンの提供するネットワークを利用しています。エリクソンは、我々のソリューションとそれらを活用するお客様が常に時代の最先端にいられるよう、研究開発への投資を行っています。

エリクソンは1876年に設立され、本社所在地はスウェーデンのストックホルムです。2015年の売上高は294億USドル (2469億SEK)です。エリクソンは、NASDAQ OMXストックホルム およびNASDAQニューヨーク証券取引所に上場しています。

www.ericsson.com/jp/
http://www.ericsson.co.jp/blog/
twitter.com/EricssonJapan
www.facebook.com/EricssonJapan
www.youtube.com/user/EricssonJapanComms

お問い合わせ先

エリクソン・ジャパン株式会社

マーケティング&コミュニケーション

本部 Email: info.k@ericsson.com