エリクソン、移動通信事業者向けOTTクラウドコネクトサービスを開始

次からも入手できます English 日本語
  • グーグルとの提携により、エンドユーザーに革新的なサービスを提供
  • 世界中の移動通信事業者が複数のOTTプレーヤに接続できるオープンクラウドサービス
  • 新たなOTTプレーヤのOCC(OTT Cloud Connect)プラットフォーム参加を促進
Press release
3 30, 2020 08:01 (GMT +00:00)

エリクソン (NASDAQ: ERIC) は2月22日、世界中の通信事業者が複数のOTTプレーヤのサービスに「コネクト」できるオープンクラウドサービス、OTTクラウドコネクト(OCC)を発表しました。このサービスにより、通信事業者はユーザー向けに創造的な新サービスを提供することが可能になります。エリクソンのOCCサービスは、通信事業者とOTTプレーヤ間でOSS/BSS を相互に開放することで、両者の協業を容易に実現します。このコラボレーションによって、アプリケーション特有のユニークなフィーチャの提供が可能になり、ユーザーエクスペリエンスの向上に寄与します。

OCCプラットフォームは、どのOTTプレーヤでも通信事業者特有のネットワークの機能を活用することで、ユーザーに革新的なフィーチャを提供することができるオープンプラットフォームです。OCCプラットフォームは通信ネットワークの複雑性を隠蔽するゲートウェイプラットフォームとして機能し、OTTプレーヤやアプリケーションがシンプルに統合することを可能にします。

エリクソンは、OCCプラットフォームに参画する先駆的なパートナーの一つとしてグーグルと提携しました。この提携により、グーグルはOCCが提供する規模を活用し、YouTube などの商品で画期的なサービスやフィーチャを多数のユーザーに提供することが可能になります。

今後、エリクソンは共通インターフェースやプラットフォームの恩恵を高めるために、より多くの通信事業者やOTTプレーヤのOCCプラットフォームへの参入を継続して推進します。

エリクソン ビジネスユニットサポートソリューションズ(Business Unit Support Solutions)の 技術責任者であるディオメデス・カスタニス(Diomedes Kastanis)は次のように述べています。「通信事業者とOTTプロバイダーの提携は、これまでにない革新的なサービスをユーザーに提供するための足がかりとなるでしょう。エリクソンは、両者の協業を実現する最適な立場にいると考えており、この取り組みを強力に支援します。エリクソンはOCCプラットフォームの可能性を確信しており、初のビデオプラットフォームとしてYouTubeと統合できたことは大きな喜びです。今後も多くのOTTプロバイダーの参入を期待しています。

また、YouTube エマージングマーケット・チーム(Emerging Markets team)、シニアプロダクト・マネージャー(Sr. Product Manager)のジェイ・アッカド(Jay Akkad)氏は次のように述べています。「モバイル環境には複雑な要素もありますが、より質の高いエクスペリエンスをエンドユーザーに提供する点においても大きな可能性を秘めています。通信事業者とOTTプロバイダー間の協業を可能にするエリクソンのOTTクラウドコネクトは、そこでの複雑性を緩和し、サービス向上の可能性を開くサービスです。このような取り組みは、通信事業者とOTTプロバイダーの間のイノベーションを促進すると確信しています。新たな機能やサービスをユーザーに提供するためにも、通信事業者との協業に期待を寄せています」。

参考資料

本資料は2016年2月22日に発表された報道資料の抄訳です。

バルセロナで開催されるMobile World Congress 2016では、エリクソンはそのユニークな業界の知見や、最新のイノベーションおよび新しく大規模なビジネスチャンスを生み出す情報提供を行います。私たちはエリクソンがネットワーク化社会と呼ぶ社会構造の変化の只中にいます。ネットワーク化社会とは、すべての人々と業界がその力を最大限に発揮できるようにモビリティ、ブロードバンドおよびクラウドが人々をサポートする社会です。そこではチャンスがいたるところに存在し、企業はネットワーク化社会のバリューチェーンとエコシステムの中で役割を選択し、その選択した役割に合わせて変化していきます。

ぜひ私たちのホール(ホール2、スタンド2N60) にお越しください。5G、Internet of Thingsおよびクラウドが人々やビジネスおよび社会にもたらすであろうデジタル変革の影響について、私たちと意見を交わしましょう。

オンラインでも情報提供しています。

エリクソンは通信技術とサービスを提供する世界有数の企業として、ネットワーク化社会 (Networked Society)の実現を目指して邁進しています。エリクソンは世界中の大手通信事業者との長期的な関係を通じて、人々、ビジネス、社会がそれぞれの可能性を追求し、持続可能な未来を創成しようとする取り組みを支援していきます。

エリクソンのサービス、ソフトウェア、インフラストラクチャ、特にモバイル、ブロードバンド、クラウド分野におけるそれらの技術は、通信とその他の分野における事業の改善、効率の向上、より良いユーザー体験の提供、新しいビジネス機会の創造を実現します。

180カ国で事業を展開し、11万5000人を超える社員を擁するエリクソンは、グローバルな事業規模と、テクノロジーおよびサービスにおけるリーダーシップを備えています。エリクソンは今日、25億人を超えるエンドユーザーへのサービスをサポートしています。世界のモバイルトラフィックの40%以上がエリクソンの提供するネットワークを利用しています。エリクソンは、我々のソリューションとそれらを活用するお客様が常に時代の最先端にいられるよう、研究開発への投資を行っています。

エリクソンは1876年に設立され、本社所在地はスウェーデンのストックホルムです。2015年の売上高は294億USドル (2469億SEK)です。エリクソンは、NASDAQ OMXストックホルム およびNASDAQニューヨーク証券取引所に上場しています。

www.ericsson.com/jp/

twitter.com/EricssonJapan

www.facebook.com/EricssonJapan

www.youtube.com/user/EricssonJapanComms

お問い合わせ先

エリクソン・ジャパン株式会社 コミュニケーション本部

info.k@ericsson.com