富士通とエリクソンが5Gで戦略的パートナーシップの締結に合意

次からも入手できます English 日本語
Press release
10 26, 2018 11:04 (GMT +00:00)

富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中達也、以下、富士通)とエリクソン(本社:スウェーデン ストックホルム、社長兼CEO: ボリエ・エクホルム(Börje Ekholm)、以下、エリクソン)は、End-to-Endでの5Gネットワークおよび関連サービスの提供に向けて、戦略的パートナーシップを結ぶことについて合意しました。両社は無線基地局やコアネットワークといった、互いの技術ポートフォリオを結集した協業開発により、ダイナミックな5G展開を迎える日本市場およびグローバルな通信事業者を取り巻く5Gエコシステムを牽引していきます。まずは両社のシステムとソリューションを日本市場に提供し、さらにグローバル市場の顧客へも提供していくことを目指します。

5G時代には多くの通信事業者が、ネットワークの効率的な運用のために、無線アクセスネットワークのオープンな標準技術によって、拡張性が高くインテリジェントなサービス提供が可能となることを期待しています。ネットワーク技術のリーディングベンダーである富士通は、主要事業者が推進している国際的なオープン化の取り組みを強く支持しており、グローバルな無線基地局市場における相互接続性の拡大を推進しています。

5Gのグローバルリーダーであるエリクソン社は世界中のモバイル通信事業者と協調して、標準化、実証試験およびプロトタイピングにより5Gの実現を推進してきました。

両社の研究開発力を組み合わせることにより、最適な5Gソリューションの日本市場への早期投入、さらには世界中の市場への適用拡大を目指していきます。

富士通株式会社 執行役員常務(兼)ネットワークビジネスグループ長 松本 端午氏のコメント

「今回のエリクソンとのパートナーシップにより、富士通の強みとする無線通信技術やインテグレーション力を活かし、日本市場のみならずグローバルに、幅広いお客様に向けてオープン化の標準規格に準拠した柔軟な5Gネットワークシステムを提供してまいります。5Gの初期ユースケースと見込まれているモバイルブロードバンドに加えて、今後更にInternet of Things(IoT)など新たなビジネス機会へも広がっていくことを期待しています。」

エリクソン 上席副社長兼ネットワーク事業部門総責任者 フレドリック・イェドリング(Fredrik Jejdling)氏のコメント

「エリクソンのグローバルな5Gの専門知識と日本市場の理解をもとに、日本の5G導入に大いに貢献していけると思います。通信事業者とパートナー企業と緊密に協力し、良好なユースケースとアプリケーションを市場にもたらすソリューションの開発を進めています。富士通との協力は、この開発を促進するすばらしいパートナー関係となります。」

≪本件に関するお問い合わせ先≫

富士通株式会社
広報IR室 片桐、西
電話:03-6252-2174(直通)

エリクソン・ジャパン株式会社
マーケティング&コミュニケーション本部
電話:03-6721-3300(代)

メディアキット、背景解説、高解像の写真は、以下URLからダウンロードいただけます。 www.ericsson.com/newsroom

www.ericsson.com/ja/about-us/company-facts/ericsson-worldwide/japan
www.ericsson.com/en/blog/
www.twitter.com/EricssonJapan
www.facebook.com/EricssonJapan
www.youtube.com/user/EricssonJapanComms

エリクソンについて

エリクソンは、コネクティビティから最大限の価値を創造する通信サービスプロバイダーをお手伝いします。ネットワーク、デジタルサービス、マネージドサービス、新しいビジネスにわたるポートフォリオを持ち、お客様のデジタル化、効率向上、新たな収益源の発掘をお手伝いします。エリクソンのイノベーションへの投資は、電話とモバイルブロードバンドのメリットを世界中の何十億もの人々にもたらしてきました。エリクソンは、ストックホルムとニューヨークのナスダックに上場しています。www.ericsson.com

お問い合わせ先

エリクソン・ジャパン株式会社
マーケティング&コミュニケーション本部
Email: info.k@ericsson.com

関連ファイル