GCI、アラスカでの5Gの展開にエリクソンを選定

次からも入手できます English 日本語
  • 3GPP標準規格ベースのエリクソン製5G New Radio (NR) ハードウェアおよびソフトウェアをアンカレッジ全域のマクロセル基地局へ展開
  • 消費者に高速化とカバレッジ向上のメリットをもたらし、新しい無線機能によりアラスカ中の石油、ガス、鉱業、医療の各産業での利用が加速
  • 国内最北端のスマートシティになるというアンカレッジの取り組みを支援し、コスト削減と住民生活の向上を可能にするサービスの提供を実現
Press release
7 31, 2020 09:42 (GMT +00:00)

エリクソン (NASDAQ: ERIC) はアラスカ最大の通信会社であるGCIに選定され、国内最北端の5Gネットワークをアンカレッジに構築します。5Gのサービス開始は2020年に予定されています。これは、エリクソンが公表している5G契約の22番目となりました。

この発表の一環として、GCIは、3GPP標準規格ベースのエリクソン製5G New Radio (NR) ハードウェアおよびソフトウェアをアンカレッジ全域の82ヶ所のマクロセル基地局に展開することが明らかにされました。これらの基地局は、GCIのメトロファイバーネットワークが提供するバックホールサービスが支えることになります。

GCIのCEOであるロン・ダンカン(Ron Duncan)氏 は、次のように述べています。「当社は、これまで最速のインターネットサービスを提供してきたように、アンカレッジの住民へ優れた5G無線サービスを提供することに全力で取り組んでいます。光ファイバー、周波数帯、既存のモバイル装置、アラスカに関する専門知識など、当社の強みをすべてこの取り組みに活用していきます。当社の強みとエリクソンの業界最先端の5Gソリューションを組み合わせることで、アンカレッジの無線ネットワークの容量が10倍以上に拡大するとともにカバレッジの向上も実現します。この容量増加は当社のすべてのお客様にメリットをもたらすはずです」

エリクソンの社長兼CEOのボリエ・エクホルム (Börje Ekholm) は、次のように述べています。「GCIとエリクソンは、過去10年間にわたって提携関係を結び、アラスカの中でも特に遠く離れた地域のお客様にコネクティビティを提供してきました。GCIとの提携を継続し、アラスカ最大の都市に5Gサービスを提供することを嬉しく思います。5Gの導入は革新のための強固な基盤を創出します。また、5Gの活用が、社会や消費者、企業の役に立つ新たなユースケースを生み出します。消費者は高速化とカバレッジの向上により、高品質なユーザー体験のメリットを享受でき、新しい無線機能がアラスカ中の石油、ガス、鉱業、医療の各産業での利用を加速するでしょう」

GCIは5Gの展開により、米国最北端のスマートシティになるというアンカレッジの取り組みを支援します。アンカレッジでは市内の街灯の効率性を向上させる「照明グリッド」がすでに導入されており、さらに自動化システムとネットワークを利用して住民サービスの効率向上を実現するシステムを模索中です。このプロジェクトは2020年中に完了し、GCIによる最初の5Gサービスは同年前半に開始される予定です。

メディアキット、背景解説、高解像の写真は、以下URLからダウンロードいただけます。 www.ericsson.com/newsroom

www.ericsson.com/ja/about-us/company-facts/ericsson-worldwide/japan
www.ericsson.com/en/blog/
www.twitter.com/EricssonJapan
www.facebook.com/EricssonJapan
www.youtube.com/user/EricssonJapanComms

エリクソンについて

エリクソンは、コネクティビティから最大限の価値を創造する通信サービスプロバイダーをお手伝いします。ネットワーク、デジタルサービス、マネージドサービス、新しいビジネスにわたるポートフォリオを持ち、お客様のデジタル化、効率向上、新たな収益源の発掘をお手伝いします。エリクソンのイノベーションへの投資は、電話とモバイルブロードバンドのメリットを世界中の何十億もの人々にもたらしてきました。エリクソンは、ストックホルムとニューヨークのナスダックに上場しています。www.ericsson.com

お問い合わせ先

エリクソン・ジャパン株式会社
マーケティング&コミュニケーション本部
Email: info.k@ericsson.com