Skip navigation

オプタス、マルチオぺレーター5G Radio Dotシステム導入を準備

次の言語でもお読みいただけます。 English 日本語

本資料は2024年3月4日に発表された報道資料の抄訳です。

エリクソンのマルチオペレーター5G Radio Dotシステムは、屋内の5G体験を向上させるように設計されています。オプタスは試験成功後の現在、オーストラリア全土にマルチオペレーターRadio Dotシステムを展開することを計画しています。これによりオプタスは増大する顧客の要求を満たすことができるようになります。

Press release
Apr 16, 2024
オプタス、マルチオぺレーター5G Radio Dotシステム導入を準備

オプタスはネットワーク全体への展開に先立ち、エリクソンの大容量広帯域マルチオペレーターRadio Dotシステムを世界で初めて試験した通信事業者の一つです。このシステムが展開されれば屋内で大容量の5G接続が提供され、オーストラリアの企業は5Gの高速性、超低遅延性、向上した信頼性をエンドユーザーに提供し、データ要件の厳しいアプリケーションやデバイスをサポートして運用効率を高めることができます。これによりオプタスを含むさまざまな通信事業者の顧客は、自社の基地局機器に接続したときと同様の品質で、屋内で携帯電話のカバレッジを享受できるようになります。

オプタスはシドニーの自社ラボで実施された試験の成功に続き、オーストラリア全土のスポーツ施設、高層ビル、商業地区などの屋内会場にエリクソンのマルチオペレーターRadio Dot Systemを導入し、顧客とエンドユーザーに優れた体験を提供する予定です。またオプタスがショッピングセンターのフードコート、空港のラウンジルーム、スタジアムの企業ルームなどレガシーソリューションをすでに展開している場所で5G容量オーバーレイとして使われ、XRやVRなどの新しい没入型テクノロジーを可能にします。

エリクソンのマルチオペレーターRadio Dotシステムにより、オプタスは屋内環境で大容量の5Gを提供すると同時に、オーストラリアのすべての携帯事業者の広帯域3.5GHz帯をサポートできます。マルチオペレーター機能により、すべての事業者が屋内環境で5Gのカバレッジと容量を提供するためのTCO(Total Cost of Ownership)を分担しつつ、急速に増える企業や消費者の需要に対応できます。さらにこのシステムにより、従来のGPSその他の衛星技術では精度が低かった高層ビル、空港、地下などの屋内での人や物体の正確な測位が可能になります。

オプタスのアクセスネットワーク戦略・計画・品質担当副社長ケント・ウー(Kent Wu)氏は、次のように述べています。「今回のRadio Dotの試験の成功と今後の展開は、最高の品質で革新的な技術を提供し、企業顧客とエンドユーザーの増大するニーズを満たすというオプタスのコミットメントを明確に示すものです。エリクソンのマルチオペレーター5G Radio Dotシステムにより、オプタスはさまざまな場所で消費者と企業の顧客をサポートし、アップリンクとダウンリンクの両方に大容量の5Gソリューションを提供し、屋内における5G顧客体験を強化し、XR/VRや正確な測位などの新しいユースケースを可能にします」

エリクソンのシングテルグローバルカスタマーユニット責任者のダニエル・ウデ(Daniel Ode)は次のように述べています。「オプタスのこの革新的なソリューションのユーザーへの提供を支援できうれしく思います。オプタスはデータ需要の急速な高まりと、屋内環境で最高品質のカバレッジを提供するという複雑な課題に直面していましたが、今や3.5GHz帯で屋内5Gカバレッジを提供するソリューションを容易に展開し、主要な企業顧客をサポートし、イベント会場、スポーツスタジアム、ビルなどの屋内の立地にとって重要な、大容量の5G屋内カバレッジを提供できるようになりました」

エリクソンのマルチオペレーターRadio Dotシステムの最初の本格的な実装は、2024年中にニューサウスウェールズ州のオプタスのネットワークで実施が計画されています。

NOTES TO EDITORS:

The multi-operator Ericsson Radio Dot System consists of the Radio Dot 4455, Indoor Radio Unit (IRU) 1649 and Indoor Connect (IC) 8855. The IRU and IC enables multi operators network sharing with different vendors, delivering multi-Gbps speeds enabling future network evolution and future mobile generations. Optus will also transition to new IRU 8850 once available as part of network architecture evolution to reduce number of IRUs by half greatly improving the TCO.

編集者への注記:

Radio Dots - Ericsson

エリクソンについて
エリクソンは、コネクティビティから最大限の価値を創造する通信サービスプロバイダーをお手伝いします。ネットワーク、デジタルサービス、マネージドサービス、新しいビジネスにわたるポートフォリオを持ち、お客様のデジタル化、効率向上、新たな収益源の発掘をお手伝いします。エリクソンのイノベーションへの投資は、電話とモバイルブロードバンドのメリットを世界中の何十億もの人々にもたらしてきました。エリクソンは、ストックホルムとニューヨークのナスダックに上場しています。www.ericsson.com

オプタスについて:

オーストラリア最大手通信企業の一角を占めるオプタスは、移動体通信、テレフォニー、インターネット、衛星サービス、エンターテインメント、ビジネスネットワークサービスを、毎日1,000万人以上のお客様に提供しています。オプタスのモバイルネットワークはオーストラリアの人口の98.5%にリーチしており、より多くのオーストラリア人を友人、家族、企業とつなぐ新しいテクノロジーを安定して提供することに尽力しています。

https://www.optus.com.au/