Skip navigation

エリクソン、Cognitive SoftwareにExplainable AI(説明可能AI)を活用した新機能を追加、ネットワーク最適化におけるAI導入を加速へ

次の言語でもお読みいただけます。 English Français 日本語 简体中文 繁體中文

本資料は2024年2月15日に発表された報道資料の抄訳です。

  • 新機能によりAIベースのソリューションの価値実現時間を短縮
  • 最大かつ最も多様なグローバルデータセットで訓練されたAIモデルがベース
  • RAN最適化の効率を向上
News
Feb 15, 2024
都市にいる女性

エリクソン(NASDAQ:ERIC)は通信事業者(Communications Service Provider: CSP)向けのCognitive Softwareポートフォリオにおいて、ネットワーク設計と最適化におけるAI導入から価値実現までの時間を大幅に短縮する、説明可能なAIを活用した新機能を発表しました。

CSPはXAIにより、ネットワーク性能とエンドユーザーの体験に影響するイベントの根本原因を特定するAIソリューションが推奨するアクションについて、その完全な説明を得ることができるようになります。これにより、問題に最も深くかかわる要因、ネットワークの性能への影響、推奨されるアクションを可視化できます。

市場最大かつ最も多様なグローバルデータセットでトレーニングしたAIモデルに依拠したこのソリューションは、ローカルで再トレーニングすることで、迅速かつ柔軟なユースケース展開を実現できます。

新しいXAI機能に加えて、直感的で適応性が高くCSPの生産性を向上させるユーザーインタフェースも導入されました。

ブイグテレコムの上席副社長兼CTIO、ジャン=ポール・アルゼル(Jean-Paul Arzel氏は次のように述べています。
「ブイグテレコムは消費者顧客と法人顧客に提供するサービスの質を継続的に向上させることに積極的に取り組んでおり、業務全体でAIを迅速かつ大規模に活用する最善の方法を積極的に模索しています。最近ではエリクソンと共同でネットワークの最適化にAIを適用し、輻輳の緩和、容量と使いやすさの向上、周波数帯効率の向上などに非常に有望な成果を上げています。ブイグテレコムの長期的なパートナーであるエリクソンが、通信事業者のAIへの取り組みを後押しし、お客様の期待に応えるネットワークの改善を目的とする機能の提供に重点的に取り組んでいることを嬉しく思います」

Robi AxiataCTO、ペリハネ・エルハミー・アーメド・メタウェ(Perihane Elhamy Ahmed Metaweh氏は次のように述べています。
「バングラデシュに5,600万人を超える加入者を抱える私たちは、自動化によって効率を高めるとともに顧客体験を向上させる方法を常に模索しています。エリクソンとの最近の取り組みでは、AIドリブンのネットワーク最適化により、都市部のユーザースループットとデータ量の両方で11%以上の改善が見られました。Cognitive Softwareについて発表された進化は、これらの改善を次のレベルに引き上げるのに役立つと信じています」

Analysys Masonの主席アナリスト、アダオラ・オケレケ(Adaora Okeleke氏は次のように述べています。
「CSPはAIの価値を認識し始めていますが、AIソリューションの透明性の欠如、高品質のデータへのアクセスの制限、AIソリューションの拡張の難しさなど、いくつかの要因がその妨げとなっています。エリクソンはより高い信頼性と柔軟性を実現するソリューションを提供することでCSPの現在の懸念に対処することに注力しています。これは現在の市場ニーズによく合致しており、AIの導入を加速させる上で一助となるでしょう」

エリクソン副社長兼コグニティブネットワークソリューション部門責任者のジャン=クリストフ・ラネリ(Jean-Christophe Laneriは、次のように述べています。
「AI搭載システムの複雑さと高度化は速いペースで進化しており、CSPがこれらの機能を可能な限り簡単かつ迅速に導入できるようにすることが、価値実現までの時間を最短化するカギとなります。XAIは、AIモデルを理解するための方法とテクニックを提供し 、不透明な意思決定プロセスに透明性をもたらします。エリクソンのCognitive Softwareアプリケーションでこれらの機能を利用可能にしたことを大変嬉しく思っており、これが自動化を目指す取り組みにとっての基本的なステップになると考えています」

エリクソンのCognitive Softwareのアーキテクチャーはクラウドネイティブです。タイムリーなソフトウェアアップデートで安全な環境を確保し、効率を高めるコンテナベースの自動展開を採用しています。モジュール式であるため、Cognitive Softwareのコンポーネントをその時点のニーズに応じて個別にスケーリングできます。このため継続的インテグレーションと展開のためのCI/CDパイプラインとの統合が容易で、DevOpsの作業方法を促進します。

エリクソンのCognitive Softwareのポートフォリオの詳細は、こちらからご覧いただけます。

エリクソンについて
エリクソンは、コネクティビティから最大限の価値を創造する通信事業者および企業をお手伝いします。ネットワーク、クラウドソフトウェアとサービス、企業向け無線ソリューション、グローバル通信プラットフォーム、技術・新規ビジネスにわたるポートフォリオを持ち、お客様のデジタル化、効率向上、新たな収益源の発掘を支援します。エリクソンのイノベーションへの投資は、電話とモバイルブロードバンドのメリットを世界中の何十億もの人々にもたらしてきました。エリクソンは、ストックホルムとニューヨークのナスダックに上場しています。
www.ericsson.com

エリクソンニュースルーム
https://www.ericsson.com/en/newsroom

エリクソン プレスリリース・ブログの購読登録はこちらからhttps://www.ericsson.com/en/newsroom/latest-news/press-subscription
https://foryou.ericsson.com/blog-subscription-center.html

ソーシャルメディアでフォローをお願いします
X:https://twitter.com/ericssonjapan
Facebook:https://www.facebook.com/EricssonJapan/
LinkedIn:https://www.linkedin.com/company/ericsson